【Oh, I See!】8月第1回「留学のあれこれ」

こんにちは!
SSS主任コーチ&MWCファシリの木原です!

児童・学生の皆さんは夏休み真っ只中ということで、遊びに行ったり、宿題をに取り掛かったり、受験生は一生懸命勉強したり、皆さんそれぞれ夏を満喫されていることでしょう。

さて、先日8月の第1土曜日にジプロスLepton本一色教室(以下、レプトン)さん主催のワークショップ

Oh, I See! プログラム 8月1回

が開催され、ステップアップスタディサロン(以下、SSS)からも数名の中学生が参加してきました!(レプトンとSSSは提携しており、SSS会員は無料でこのワークショップに参加することができます)レプトンの方でずっと前から実施していたこちらのワークショップに、SSSの中学生も一緒に参加させていただくようになったのは先月(7月)からで、今回で2回目となります。

Oh, I See! プログラムとは??

まず簡単に、こちらのプログラムについてご紹介させていただきますね。といっても、主催者の言葉・想いが一番伝わりやすいかなと思いますので、まずはこちらをご覧ください!

以上をご覧いただいたうえで、Oh, I See! プログラムとはどういった場なのかを簡単に説明しますと、

  • 世界で起きていることや
  • 様々な重要トピックについて
  • 調べたり、考えたり、皆で議論したりすることを通じて関心を持ち、
  • さらには自分の意見を持てるようになる

またその過程で、

  • 視野が広がり、
  • 批判的・論理的に思考する力
  • 他者と議論する力
  • 自分で情報収集し、判断する力

を鍛えていくための場になります。対象は主に中高生(一部小学生も参加可)で、内容はその月々によって様々です。(6月は「ジェンダー」について、7月は上の告知にある通り「中東問題」について扱いました。)そして今回8月の第1回は、この Oh, I See! プログラムを運営してこられたレプトンの小宮先生が9月からイギリスの大学院へ留学されるため、彼女の想いや今後のビジョンも語っていただきながら、「実質無料で留学に行く方法」など具体的な話まで聞く事の出来るワークショップとなりました。

失敗を恐れない勇気と行動(チャレンジ)が、道を切り開く

高校1年生の頃から色々な国に留学されている小宮先生、今回のイギリス留学で何と6回目とのこと。そんな彼女だからこそ話せるリアルなお話が沢山ありました。(本当は聞いたこと、学んだことをくまなくシェアしていきたいくらいです。)

レプトンの生徒さんは日頃から英語を習っていることもあり、留学についても少なからずアンテナを持っている人も多いのかもしれません。SSSの中学生にとっても、普段はあまり留学について考える機会はないかもしれませんが、こういった機会がきっかけとなって留学に関心を持ったり、世界を広くみていくようになることも十分あり得るかなと思います。今回のスピーカーである小宮先生がそれほど歳が離れていない存在であることもあり、彼ら・彼女にとっても色々と響くところがあったことでしょう。

そんな中、私自身が今回のワークショップで最も印象に残ったのが小宮先生の「チャレンジ精神」です。今でこそ6回も留学を経験している彼女ですが、そもそも一番初めのきっかけは何だったのか、気になって聞いてみました。(聞いている中学生にとっても、一番身近に感じられる話ではないかなとも思ったからです。)

 

一番初め留学はスピーチ大会で賞を取って留学されたとのことでしたが、そもそもなぜその大会に参加しようと思ったのですか?はじめから「留学」目当て?それとも何か別の理由…?

小宮先生

半々です。(笑)

海外に行ってみたいというのもあったし、他にも自分を変えたいという気持ちもあって大会にチャンレジしました。

ここが彼女の凄いところだと思います。高校1年生で、自分を変えるために大勢の前でスピーチをしようって中々考えられることではないなぁ…と。しかもしっかり入賞し、留学のチャンスをつかみ取っていますからね。この姿勢とチャレンジ精神、改めて私自身も学ばなければならないなぁと思いますし、この場に参加していた学生たちも色々感じ取ってくれていればと願うばかりです。

次回、8月21日(土)19:30~

小宮先生がこのプログラムに関わるのはこれがいったん区切りとなりますが、イギリスに行った後も運営と連絡を取り合い、不定期で色々と面白い情報をシェアしてくださいます!(…きっと、してくれるでしょう!)今後はレプトンのAYA先生と、SSSマネージャーの大庭さん、私と、運営に関わってくださるレプトンの先生方で運営してまいりますので、引き続きお楽しみに!

 

という訳で、最後は今回参加した大人たちのオンラインイベント感あふれる記念写真です。(笑)

ではでは!